生活指導の重要性

高度な医療が広く行われるようになってきたことや高額の治療を定期的に受ける患者が増加しています。その影響を受けて医療費の高騰は個人レベルだけではなく国家レベルにおいても掲げられる問題です。よりよい生活を送っていくために医療を受けたいと考える人も増えていることを受けて、医療保険制度による国家予算からの負担も大きくなっている傾向があります。この削減のための取り組みは様々な形で行われてきていますが、現実として高額医療が必要となってる場合が多く、なかなか抜本的な改善が見出されてはいません。
こういった問題の解決を行っていくためには目の前の医療費の削減を目指すのではなく、将来的に医療を必要とする人を減らしていくという見方が必要です。医療従事者には医療費削減の取り組みへの寄与が求められていますが、それを実践するというのは難しいことでしょう。医療を必要とする人には最大限の敬意をもってそれを提供しなければならず、それは必要なことです。必要とされるのは治療を行わないことではなく、治療を必要としない人を育てるということであり、予防医療を進めていくという考え方が大切です。生活習慣病を中心として、多くの人が多様な疾患にかかってしまうリスクを抱えながら生活しています。そのリスクを減らしていけるような生活指導をしていくことによって、医療機関を受診する必要が生じてしまう可能性を低減させていくことが医療従事者ができる貢献なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です